自分の扶養にして医療費を節約

看護師として働いていても、出産や育児を契機にして仕事をやめてしまう人もいます。そして、育児が終わって仕事をしたいと考えたとき、パートやアルバイトとして復帰するというケースが多々ありました。現在でも、そのように考えて人生設計をする女性看護師は多いようです。しかし、新しい考え方も生まれてきており、それを実践している人が増えています。
看護師として常勤で働いていると、ほとんどの職場では医療費を無料にしてもらうことができます。それが、いま注目されているのです。本人だけでなく、扶養家族に対しても適用されます。そのため、働いている夫以外を扶養家族にして医療費を無料にすることで、家計を節約するという戦略がとられているようです。パートやアルバイトの場合は、このシステムが適用されません。しかし、看護師不足の影響を受けて、短時間勤務や日勤のみの勤務でありながらも、常勤で中途採用する病院が多くなってきています。そのようなことから、パートやアルバイトとして働くのと、それほど変わらない勤務時間で働きやすくなっているのです。特に、子供が幼いうちは病気にかかりやすくなっています。そのため、医療費を削減する目的で、できる限り早く復帰しようと考える看護師が徐々に増えてきているのです。これは、看護師不足を解決する一助となる可能性があります。
共働きをする家庭が増えたことを受け、職場に託児所や保育施設を併設するところも多くなりました。看護師の職場環境が充実してきており、それがこのような傾向に拍車をかけています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です